音読発表会「お手紙」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国語科で、「お手紙」を学習しました。場面ごとに、誰が何をしたかやそのときの気持ちについて話し合い、学習の最後には、音読発表会をしました。子供たちは、登場人物の気持ちになり、身振りを付けながら大きな声で熱演しました。学習発表会の群読が生かされていました。
学習後の「ぼく、わたしの学び」から感想を紹介します。

 

・二場面のかえるくんは、がまんくんの話を聞いて、わざわざがまくんにお手紙を描いてあげたから、かえるくんはやさしいと思った。

 

・最初の場面は、がまくんがしょんぼりしていたけど、最後の場面で一気によくなった。もう二人は、最高の親友になったと思う。